HOME > サービス > 中古マンションのチェックポイント

中古マンションのチェックポイント

中古マンションのご購入を検討されている方は
以下のチェックポイントをふまえて物件を探しましょう。

管理体制はよいかどうか?

管理体制がしっかりしているかどうか、資産価値としてとても重要なことですが、リノベーションする上でもとても大事な要素です。管理体制がしっかりしていないと、管理組合や管理会社の対応・管理規約が曖昧で、いざ工事を始めようとした時にトラブルが発生するケースもあります。長期修繕計画や管理組合の総会議事録を閲覧することが大切です。管理体制の善し悪しは、実際に物件を見る事でもある程度判断できる簡単なチェックポイントがあります。

  • □ エントランスや敷地内共用部の清掃が行き届いているか?
  • □ 集合ポストの表札は付いてるか?
  • □ 投函チラシが溢れていないか?
  • □ 違法駐車や駐輪がないか?
  • □ ゴミ捨て場は分別できてるか?
  • □ 掲示板の貼紙の日付は新しい?
  • □ 管理会社の連絡先は分かりやく公開されているか?

建築構造の種類は?

マンションの建物の構造は主に「ラーメン構造」と「壁式構造」に分けられます。 大々的な間取り変更をご希望の場合は「ラーメン構造」の物件を選びましょう!「壁式構造」の建物は壁自体が構造体となり取り外しが出来ないケースも…!

築年数だけで決めつけない

昭和54年に法改正があり新耐震基準が設定され、築年数の浅い物件は比較的地震に対して安心が確保されました。 しかし、新耐震基準前だからといって避ける必要はありません。点検口からコンクリートの状態を確認し、建物の形や共用部、外壁の状態をチェック、また地盤の情報を得ることである程度の安全予測ができます。古い物件は新しい物件よりも割安に物件が手に入り、その分をリノベーションの工事費用にあてられることも魅力です。

PAGE TOP