HOME > WORKS > 世田谷区Y邸 マンションリノベーション

STRIKE

世田谷区Y邸 マンションリノベーション

LDK・キッチン LDK・洋室 洋室・木枠開口 キッチン・造作モルタルカウンター・無印キャビネット 造作モルタルカウンター・無印キャビネット 杉古材乱貼り キッチンカウンター ステンレスキッチン 杉古材乱貼り 洗面 ホーロー洗面器 土間玄関
  • LDK・キッチン
  • LDK・洋室
  • 洋室・木枠開口
  • キッチン・造作モルタルカウンター・無印キャビネット
  • 造作モルタルカウンター・無印キャビネット
  • 杉古材乱貼り キッチンカウンター
  • ステンレスキッチン 杉古材乱貼り
  • 洗面 ホーロー洗面器
  • 土間玄関

DATA

施工地域: 世田谷区
物件種別: マンション
築年数: 36年
施工面積: 65㎡
施工期間: 2ヵ月
家族構成: 夫婦、子供2人
工事箇所:

全面

プラン BEFORE→AFTER
工事前の様子

ご長男が通う小学校の学区内で物件探しをしていたY様は、以前の住まいから同じ町内で現在の物件へ転居を決めた。関連不動産会社の紹介で、空間社でのリノベーションをご依頼頂いた。

もともとモノが少なく、住まい方が明確なY様ご一家からは「広い土間玄関にして、野球の素振り練習ができるようにしたい。キッチンはステンレス製が良い。オープンな空間をつくりたい。」という具体的な要望が挙げられた。「オーク無垢材フローリング」が素材のベース条件となり、必然的にナチュラル色木部が大半の割合を占める空間となる。それらに対し自然と馴染みながら素材に多少の変化を入れるよう提案したのは、ラーチ合板の建具・杉古材乱貼りのキッチン腰壁・モルタル塗りのリビングカウンターである。ご要望のステンレス製キッチンは、天板を特注で造作し、下台のキャビネットはIKEAの既製品を導入している。キッチン・洗面・トイレの水回りの床はグレーのコルクタイルとし、空間全体の色数を限定した。

土間玄関は、将来的に居室にできる広さで計画した。現在はホームベースが敷かれ、いつでもバッドで素振り練習ができるよう余計なモノは置かず広々と使用している。杉古材乱貼り扉の奥には大容量のクローゼットがあり、ご主人の趣味の釣り具や家族のアウターなどが綺麗に収納されている。リビング内の洋室は、完全な個室とせずに開口木枠の腰窓とした。「現在はこの腰窓は遊具と化しています…笑。窓にしようか迷ったのですが、開口窓にして良かったです!」と話す傍ら、登って遊んだり飛び越えたり、腰を掛けたり、自由に住まいを楽しむ姿が微笑ましい。洋室はラーチ合板の引き分け扉を設置し、将来中心に間仕切りを設けて兄妹それぞれの子供部屋にすることを視野に入れた仕様とした。

実際に住んでからの様子は「無垢材フローリングを裸足で歩く気持ち良さを実感し、キッチンはステンレスにして、お手入れがとても楽です。 洗面は洗面器を深めにして、子供の泥んこ汚れも気にせず洗濯がしやすいです(笑)。息子の友達が泊まりに来ると、土間にテントを出してキャンプもできます(笑)。」と奥様が話す。

PAGE TOP